交通事故には、被害者になる場合と加害者になる場合があります。ここでは被害に遭ったときにどうすればよいかを説明します。

まずは、警察へ連絡します。警察への通報は基本的には加害者の義務になりますが、相手もパニックになっている場合も多いので、できることはやるようにしましょう。保険の適用には、警察の届け出は必須です。保障の問題にもなりますので意識しておきましょう。そして、相手を確認します。住所・連絡先・勤務先などは最低限確認しましょう。加害者が、自賠責保険以外の任意保険に加入しているかも重要になります。そして、目撃者を探します。目撃者を確保し、証言の協力をお願いし、連絡先も確認しておくようにしましょう。次に、記録を取ります。スマートフォンなどを利用して、自分でも記録を取っておくようにしましょう。また、ドライブレコーダーなどの映像があれば確保しておきましょう。そこまで済んだら、病院に行きます。事故現場ではけががないように思っても、むち打ち症などは後から症状が現れる場合があります。必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。

交通事故のときは、事故を起こした方が焦っている場合が普通です。自分に大きなけががないときは、できることはやった方が安心です。特に、第3者の証言は信憑性があるので、目撃者の協力を得られるようにしましょう。

Comments are closed.