現在では、自動車の運転免許を持っていない人を探すのが難しいくらいの車社会です。当然、交通事故が起きる割合も多く、自分自身もいつ交通事故に遭うかわかりません。しかし、実際事故に遭ったとき、どう対処をすればよいか知っている方も多くはないでしょう。今回は、そんな交通事故に関することをご紹介させて頂きます。

交通事故にもいろいろあります。まずは、大きく分けて2種類。人身事故物損事故で、死傷者が出た事故が人身事故、けが人がでない事故が物損事故になります。人身事故には、歩行者を轢いてしまう場合や車、バイク、自転車に乗った人が被害に遭うものがあります。物損事故には、相手がいる場合と相手がいない自損事故があります。どちらにしても、事後処理は必要です。このとき重要なのが処理の方法です。この扱い方を間違えると、保険を利用できない場合があります。

交通事故に遭ったとき重要なのが、補償の問題です。事故を起こしてしまった場合は相手への補償であり、被害を受けた場合は保証してもらう立場になります。このとき問題なのが、保険に入っているかどうかということです。昨今問題にされるのが自転車での人身事故。小学生がおばあさんに自転車でぶつかってしまい、寝たきりになるけがを負わせ1億円近い金額を支払う賠償命令が母親に出されました。自転車の場合、保険に入っている人も多くはないので、それだけで大変な事になってしまいます。車とバイクの場合は、購入時に自動車損害賠償責任保険への加入が義務付けられています。ただし、この保険は最低限の補償しかされないため、通常他の任意保険に入る場合が多くなります。その保険に関してもご紹介します。

Comments are closed.