交通事故被害あれこれ

交通事故被害あれこれ

管理人 No Comments

交通事故に遭った場合、相手がどこまで保証できるかで、その後の対応も違ってきます。大きなけががない限りは、示談になることが多くなります。警察も現場検証を終えれば、お互いの意思を確認し民事不介入ということで当事者同士に任せます。加害者が任意保険に入っていれば、通常は保険会社の担当との交渉になるので、加害者と話すことはほとんどありません。

人身事故の被害に遭った場合の補償内容を確認してみましょう。まずは、治療費。これは治療にかかる費用です。入院費・看護費は治療のために入院した場合の費用です。看護費が認められる場合は多くありません。通院交通費は通院のときに掛かる交通費です。マイカーを利用した場合はガソリン代になります。休業損害は事故によって働けず、収入が途絶えてしまった場合の補償です。慰謝料は事故による肉体的・精神的苦痛に対する補償です。死亡・後遺障害慰謝料は残された家族に対する補償の意味もあります。逸失利益は死亡や後遺症で得ることができなくなった、将来手に入れられるはずだった収入に対する補償です。将来の介護料は事故によって後遺障害1・2・3級になった場合で、将来の生活のための保障です。葬儀費用/死亡の場合の対象ですが、全額が認められる場合はほぼありません。

事故に遭わないのが何よりですが、遭ってしまえば保証は必要になります。基本的には、相手も保険で支払うものです。事故に遭わなければ普通の生活が過ごせているわけですから、遠慮はせずに要求することが大切です。
また、その際は弁護士に示談交渉の相談をすると賠償金の増額が望めたり解決までがスムーズになります。無料相談を行っている法律事務所も多いので、利用してみるといいでしょう。

関連リンク・・・交通事故示談交渉の相談<アディーレ法律事務所>

交通事故で注意する点

管理人 No Comments

交通事故には、被害者になる場合と加害者になる場合があります。ここでは被害に遭ったときにどうすればよいかを説明します。

まずは、警察へ連絡します。警察への通報は基本的には加害者の義務になりますが、相手もパニックになっている場合も多いので、できることはやるようにしましょう。保険の適用には、警察の届け出は必須です。保障の問題にもなりますので意識しておきましょう。そして、相手を確認します。住所・連絡先・勤務先などは最低限確認しましょう。加害者が、自賠責保険以外の任意保険に加入しているかも重要になります。そして、目撃者を探します。目撃者を確保し、証言の協力をお願いし、連絡先も確認しておくようにしましょう。次に、記録を取ります。スマートフォンなどを利用して、自分でも記録を取っておくようにしましょう。また、ドライブレコーダーなどの映像があれば確保しておきましょう。そこまで済んだら、病院に行きます。事故現場ではけががないように思っても、むち打ち症などは後から症状が現れる場合があります。必ず医師の診断を仰ぐようにしましょう。

交通事故のときは、事故を起こした方が焦っている場合が普通です。自分に大きなけががないときは、できることはやった方が安心です。特に、第3者の証言は信憑性があるので、目撃者の協力を得られるようにしましょう。

交通事故って何?

管理人 No Comments

現在では、自動車の運転免許を持っていない人を探すのが難しいくらいの車社会です。当然、交通事故が起きる割合も多く、自分自身もいつ交通事故に遭うかわかりません。しかし、実際事故に遭ったとき、どう対処をすればよいか知っている方も多くはないでしょう。今回は、そんな交通事故に関することをご紹介させて頂きます。

交通事故にもいろいろあります。まずは、大きく分けて2種類。人身事故物損事故で、死傷者が出た事故が人身事故、けが人がでない事故が物損事故になります。人身事故には、歩行者を轢いてしまう場合や車、バイク、自転車に乗った人が被害に遭うものがあります。物損事故には、相手がいる場合と相手がいない自損事故があります。どちらにしても、事後処理は必要です。このとき重要なのが処理の方法です。この扱い方を間違えると、保険を利用できない場合があります。

交通事故に遭ったとき重要なのが、補償の問題です。事故を起こしてしまった場合は相手への補償であり、被害を受けた場合は保証してもらう立場になります。このとき問題なのが、保険に入っているかどうかということです。昨今問題にされるのが自転車での人身事故。小学生がおばあさんに自転車でぶつかってしまい、寝たきりになるけがを負わせ1億円近い金額を支払う賠償命令が母親に出されました。自転車の場合、保険に入っている人も多くはないので、それだけで大変な事になってしまいます。車とバイクの場合は、購入時に自動車損害賠償責任保険への加入が義務付けられています。ただし、この保険は最低限の補償しかされないため、通常他の任意保険に入る場合が多くなります。その保険に関してもご紹介します。